皮膚科に頼らずにニキビができにくい肌環境を作る方法|ニキビ予防

私は12歳から20歳まで、約8年間ニキビに悩まされてきました。

皮脂の分泌が過剰になる思春期ニキビは、きちんと洗顔をすれば症状を和らげることができましたが、大人ニキビは治りにくくて再発しやすいので、それはもう毎日辛かったです…。

思春期ニキビはおでこだけでしたが、大人になると頬やあご、こめかみなど、目立ちやすい場所に集中してできました。

肌が乾燥して化粧下地やファンデーションが馴染まないし、ニキビを隠すために厚塗りしてニキビが悪化するし…もう悪循環ですね。

ニキビを治すために色んな方法を試してきて、20歳の時、やっとニキビができにくくなり、皮膚科に頼らずに肌環境を安定させることができました!

私が今でも実践している、ニキビを治して綺麗な肌を維持できる方法は、たったの5つです!

赤ら顔の赤みに効く化粧水

【ニキビ予防1】オルビスのクリアシリーズに頼る

オルビスのクリアシリーズは、大人ニキビを集中的にケアしてくれる化粧品です。
ステマっぽいですけどステマじゃなくて実際に使用しての意見です。

一番の魅力は、なんといっても長く続けられるお手頃な価格です。
洗顔料、化粧水、美容液の3点セットが、5000円以下で購入出来ちゃいます。

クリアシリーズを使い始めて翌日から赤ニキビが目立たなくなり、全体的に肌のくすみがとれていきました。
ニキビに悩んでいる人には、必ずクリアシリーズをおすすめしています。

トライアルセットも約1300円と試しやすい価格で、結構大容量なのでお得です。

【ニキビ予防2】絶対に必要以上に肌を触らない

ニキビに悩んでいた時を思い返すと、なぜか必要以上にニキビを触ったり、潰してしまうこともありました…。

ある日からスマホを触った手で肌を触らないと決意して、暇なときにどうしても肌を触りたくなっても、ひたすら耐えるようにしました。

すると、いつも触っている顎のニキビが2,3日ですぐに消えたんです。

このことから、今までの肌を触る癖がニキビを悪化させてたんだと実感させられました。

肌を触るときは必ず手を清潔にしないといけないので、洗顔をする前も必ず石鹸で手を洗いましょう!

【ニキビ予防3】食事管理

食事管理を始めたのは、祖母の家にお泊りしたのがきっかけでした。

今までは「野菜を食べただけでこんな赤ニキビが治るわけがない」と考えてたのですが、祖母の野菜たっぷりの料理を5日間食べ続けたらたったの5日間でニキビがほとんど目立たなくなったんです。

デトックス効果で毒素が排出されて、ニキビの原因がなくなるんですね。

食べ物がこんなにも肌に影響してるんだと勉強になった出来事でした。

それから1日1食に必ず野菜を摂るようになり、肌が明らかに乾燥しにくくなりました。

ニキビを改善させるためには、食事管理が一番効果的だと思います。

タンパク質や炭水化物をバランスよく摂るのが理想ですが、忙しいとそんな余裕はないですよね。

なので最初は、普段の食事の前に野菜を摂るだけで十分効果は現れます!

【ニキビ予防4】必ずぬるま湯で洗顔をする

テレビでぬるま湯洗顔が効果的だと言っていて、実践してみたら、翌朝すぐに効果がでました。

ぬるま湯にしただけなのにニキビが一気に減ったので、これには凄く驚きました。

ぬるま湯は毛穴を開いて奥まで汚れを取りやすくしたり、肌を柔らかくして化粧水の浸透率を良くする効果があるんですね。

なので冷水からぬるま湯に変えるだけで、ニキビの治りが早くなります!

化粧水の浸透率が良くなると保湿力もUPするので、敏感肌や乾燥肌に悩んでいる方にはぜひ試していただきたいです!

【ニキビ予防5】メイクをしない日は洗顔料を使わない

ここまで1~4を実践し始めてからニキビがほとんどなくなったので、すっぴんの日は洗顔料を使わず、ぬるま湯ですすいで保湿ケアをするだけのスキンケアに変えてみました。

メイクをしていない日に洗顔料を使うと必要以上に皮脂を奪われて、肌にツッパリ感を感じるような気がしたんです。

そこである日「メイクしてないから今日はぬるま湯だけで十分じゃない?」と思い、思い切ってぬるま湯だけで顔を洗ったら翌日の肌のモッチリ感がいつも以上にUPしていました。

すっぴんの時は、ぬるま湯で十分肌の汚れが落ちてくれるので、あえてすっぴんの日を作って肌を休ませてあげるのもいいかもしれません。

この1~5を実践するだけで、毎年肌のテカリと赤ニキビに悩まされる夏休みも今年は肌トラブルに悩まされずに綺麗な肌で過ごすことができました!

生理前になるとニキビがポツポツできてしまいますが、それもすぐに治っちゃいます。

肌に負担がかからないスキンケアになったので、ニキビができても今までみたいに悪化することはありません。

ニキビを治すためのスキンケアに共通して言えることは「とにかく肌に負担をかけない」ということです。

刺激を与えないように敏感肌でも使える化粧品を使い、栄養を摂って身体の内側から整え肌に休みをあげることを心掛けるだけで、すぐにニキビができにくい肌に変わっていきます。

仕事で忙しくて、「ストレス解消する暇なんてないわ!」という方は、ビタミンのサプリメントを普段の食事に足すだけでも十分です!

社会人になったばかりの妹も、ストレスで顔が赤くなるくらいニキビができていましたが、1~5を実践したら2週間くらいでニキビが完治しました。

皮膚科に行く前に、ぜひ試してほしいスキンケア方法です!

皮膚科に頼らずにニキビができにくい肌環境を作る方法|ニキビ予防

ページトップボタン